乾燥肌に良い化粧水|肌を守るバリア機能を取り戻す

女性

加齢は早めのお手入れで

鏡を見る女性

できる前とできた後の違い

人は誰しも年齢を重ねていきます。スタートラインが同じ年齢の人と、見た目に差が出てしまうのはなぜでしょうか。10〜20代の頃は何もケアしなくても、みずみずしいお肌をキープすることができていました。ところが、25歳を過ぎる頃には加齢による肌の衰えの兆しが見え始めます。エイジングケアとは、加齢によって衰える肌を前もってお手入れすることを意味します。できてしまった肌の衰え(シミやシワ、たるみなど)を増やさないことを目的としています。一方、アンチエイジングという言葉もよく耳にしますが、こちらはエイジングケアと少し違う意味を持っています。エイジングケアが、作らない為のケアだとすると、アンチエイジングは老化を防止する為のケアを指すからです。目指すところに違いはありませんが、早めのエイジングケアの方が明らかに効果的です。

日課にするだけで簡単ケア

エイジングケアと聞くと、高価な美容液や化粧品を使わなくてはいけないと思いがちですが、お金をかけずにできる方法があります。紫外線や乾燥が原因でできてしまう老化の原因は、主に紫外線や乾燥、生活習慣や栄養面によるものです。外出時以外にも家にいる時にも、日焼け止めを塗ったり、メイク落としや洗顔にこだわりを持って、洗顔後は乾燥を防ぐ為の保湿化粧水やクリームなどで水分を閉じ込めるなど身近で簡単ケアが効果的です。そして、たまにエステサロンでエイジングケアの施術を受けるとよいでしょう。また、不足しがちな栄養分はサプリメントで補うことをオススメします。肌の弾力を助けるコラーゲンやエラスチン、水分を補うヒアルロン酸やコンドロイチン、新しい肌を作るプラセンタはエイジングケアに欠かせない強い味方です。